コンディトライ ベルグ バーン

point

わざわざ出かける価値あり


徒歩ならJR朝霧駅か神戸市営地下鉄西神山手線・伊川谷駅から神戸市バス58系統で、神陵台あるいは長尾辻停留所から2〜3分だが、車の方が便利。県道487号線沿いに建つ、淡い黄色のアパートの1階にある青い庇と水色のドアが目印。外観は小洒落た雑貨店風で、ふと立ち寄りたくなる雰囲気があふれる。ショーケースには20種以上のケーキが並ぶ。2011年10月オープン。

 

   cake name

オーパ


price

\400

point

甘みと苦味が際立つ大人のケーキ

ジョコンド、ガナッシュなどの薄い層が幾重にもなった定番のチョコレートケーキ。「オーパ」はドイツ語でオペラの意味。濃厚なチョコレートとコーヒーの風味が抜群のハーモニーを奏でる。少しずつ優雅に味わいたい。

cake name

タルトカシス


price

\450

point

ラズベリーを使ったアーモンドタルトに甘酸っぱいカシスムースをプラス。赤紫色が映える女性好みの一品。

cake name

エクレアショコラ


price

¥260

point

シュー皮の中は濃厚なチョコレートクリームがたっぷり。ショコラなど定番のほか季節により違う数種が並ぶ。

西区 コンディトライ ベルグ バーン


オーナーシェフ 葛城 俊穂

製菓専門学校を経て19歳で夙川の名店「ミッシェルバッハ」に就職。その先代、須波保弘さんのもとで一から技術を叩きこまれた。  「お菓子は季節(温度)や材料、オーブンの癖などに左右されて、でき上がりをいつも同じにするのが難しい。でも、それが面白いところ」。  晩年の須波さんはほとんど厨房に入らなかったのに、行き詰まっている若いパティシエがいるとササッと焼いて手本を見せた。それはいつでも同じ味。そんな姿に憧れ、努力を重ねた。

23年勤めた後、2011年に独立。やや不便な場所に店を構えたが、口コミで徐々に人気が高まった。中でも、ミッシェルバッハで覚えたクッキー「アウゲン」は予約しても3か月半待ちという人気商品。「特別なものではないんですけど」と謙遜するが、誠実で丁寧な味が伝わった証拠だ。  信条は「おいしいと思うものをつくる」。伝統フランス菓子、ドイツ菓子といった格式にこだわるのではなく、材料の持つおいしさを生かしたオリジナルのケーキを地域に広めるのが狙い。好きなお菓子を作れる喜びもかみしめている。

店名の「ベルグバーン」はドイツ語で登山列車の意。お菓子の道を志したころ、言葉の響きが気に入って「将来、お店を出すならこれ」と考えていた言葉だ。  登山列車は懸命に山を登ることもあれば、下ることもある。まるで山あり谷ありの人生のようなもの。「ここまでは何とか家族を養うことはできてます」と口元を緩めるが、葛城さんを乗せた登山列車はまだ登り続けている。

(2014年4月17日取材)

★この店の口コミ情報はまだありません。



 shop name

コンディトライ ベルグ バーン

 addres

神戸市西区伊川谷町有瀬48−11

 tel

078-975-1178

 fax

078-975-1178

 open

10:00

 close

20:00

 regular holiday

月曜、火曜

 nearby station

神戸市営地下鉄西神・山手線 伊川谷駅、
JR神戸線 朝霧駅

 parking

1台

map


2014年4月の情報です。
商品や価格、定休日は
予告なく変更される
場合があります。