パティスリー グランジュール

point

市街地へ行かずに満足できる店


北神急行・谷上駅北口を出て県道15号線を左折。約800メートル進んだ右手に店を構える。遠くからも目立つ赤い庇が目印。大きな窓からは厨房もよく見える。茶系で統一された店内は、個人店としては広く高級感も漂う。ショーケースには17〜20種のケーキのほかショコラやキャラメルも並ぶ。焼き菓子やコンフィチュールも豊富。店名はフランス語で「素晴らしい日々」。2013年9月オープン。

 

   cake name

ケンダリグレ


price

\462

point

6層それぞれの香りを楽しんで

2種類のビスキュイショコラに、アールグレイの香るミルクチョコのガナッシュとクレームブリュレ、ムースショコラとアクセントのタルトタタンを挟んだ複雑なお菓子。アールグレイとチョコの相性のよさを存分に表現。

cake name

苺のショートケーキ


price

\420

point

北海道・釧路地区産の香りが立つ最高級クリームと、しっとりしたスポンジ生地を使ったケーキの王様。

cake name

ショコラ


price

¥168/個

point

カカオにこだわったシェフお勧めのショコラ。フレーズやアールグレイなど香りも楽しめる。ギフトにも最適。

北区 パティスリー グランジュール
オーナーシェフ

(ちょう)雅彦

 高校卒業後に勤めた製菓会社で、ある日手にした専門誌。読んでもさっぱりわからなかった。愕然とし、イグレックプリュスの門を叩いた。そこには専門誌と同じ世界が広がっていた。8年勤めたイグレックプリュスでは製菓技術だけでなく、社会人としての術も学んだ。

 独立を決意したのは35歳。場所は迷わず北区を選んだ。生まれ育った地で、市街地でしか食べられないお菓子を提供することに使命感を感じていた。

 モットーは「おいしいものをつくる」こと。当たり前だが、実はとても難しい。シブーストなら軽いメレンゲとカリッとしたタルトの食感の対比。フォンダンショコラにはユズが隠れていて、その香りと酸味がショコラのコクを引き立てる──。食べた人が香りを味わい、食感を楽しめるお菓子作りこそが醍醐味なのだ。

 だが、一番の楽しみは「おいしかったよ」のひと言。「いまは地元の友人に助けられているけど、自然にその輪が広がってくれれば」。外からも作業が見渡せるの厨房で、廳さんは日々奮闘を続ける。

(2014年1月31日取材)

北区のパティスリーグランジュールへ行ってきました!もう長くお世話になってます。機械をほとんど使わずに手作業で作っていることがわかる繊細さと甘さもちょうどいい。食後にて1つペロッと食べれてしまうくらい美味しいので、みんなにも是非食べて欲しいです!手作業のお菓子屋さんを支えたい!!(投稿:2017年5月)

★ありすまる さん


2013年9月にOPENした、パティスリー グランジュールのケーキがすごーくオシャレでおいしいです。チョコレートや焼き菓子系も充実!見た目とてもキレイで食べるととても奥の深い味がします。こんな素敵なケーキ屋さんが裏六甲にあるなんて、と思うくらい。(投稿:2014年2月)

★melody さん



shop name

パティスリー グランジュール

addres

神戸市北区谷上西町16−3 プランドール谷上102

tel

078-582-1355

fax

078-582-1355

open

10:00

close

20:00

regular holiday

火曜 (祝日の場合は営業)

nearby station

北神急行電鉄・神戸電鉄 谷上駅

parking

有( 4台 )

web site

https://www.facebook.com/grandsjours

map


2014年2月の情報です。
商品や価格、定休日は
予告なく変更される
場合があります。