shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
職人の技
神戸洋菓子職人
西宮市 菓子工房いちかわ 市川孝洋氏
西宮市 菓子工房いちかわ 市川孝洋氏

 東京の日本菓子専門学校を卒業後、夙川の「エルベラン」にて7年間の経験を積んだ市川孝洋(いちかわ・たかひろ)さん。1998年に独立、資金の面でお店をもつことは難しかったが、「自分が作ったお菓子を食べてもらいたい」という思いは強く、自転車での行商を始めた。

 「どんな形であれ、おいしいお菓子を出せたらそれでいい」と総重量50キロほどにもなる焼き菓子を積んで、西宮や岡本へと赴いた。お菓子の移動販売は当時まだ珍しく、最初は受け入れてもらえなかったという。しかし、「おいしければ絶対売れる」との強い信念のもとお客様に説明を続けた結果、リピーターも増えクチコミが評判を呼ぶようになった。

 2005年に現在のお店を構え、生ケーキや進物用の商品も提供できるようになった。お菓子作りのこだわりは、「食べた時の感動」という市川さん。「見た目はシンプルでも、食べた時に驚きがあるお菓子をお客様に味わっていただきたい」と話してくれた。

(2010年6月取材)

お店のHPは
こちらから
お店の紹介は
こちらから