shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
神戸・長田 萬福酒菓(2011/10/08)
神戸・長田 萬福酒菓

▼パティスリー エンゼル

「神戸・長田 萬福酒菓」は1個1260円。特製バタークリームを使った「エンゼルケーキ(大)」(1785円)も人気

▽火曜定休
▽9時半〜19時
▽神戸市長田区長田町2の2の1
(市営地下鉄長田駅から北西へ徒歩約5分)
▽TEL078・691・4692

香り豊かな純米酒ケーキ

 参拝客や買い物客でにぎわう長田神社(神戸市長田区)前の商店街。お土産用に和菓子店が多い中、洋菓子店として存在感を示すのが神社のすぐ前にあるこの店だ。

 1966年の創業。現在は2代目のオーナーシェフ増本広樹さん(50)と妻の順子さん(48)が営む。周辺は阪神・淡路大震災で被害を受けたが、他の店舗と協力した商品開発など、地域を元気にしたいと奮闘してきた。

 新たな地域の名物をと、2年前に作ったのが、ケーキ「神戸・長田 萬福酒菓(まんぷくしゅか)」。長田神社地区のキャラクター「萬福グージー」の彫刻モニュメントを手掛けた職人が住む、富山県井波町の純米酒を使った。

 ブランデーケーキ作りの経験を生かそうとしたが、日本酒はアルコール度数が低く、香りがうまく引き出せない。そこで原酒や酒かすを混ぜて香りを豊かにし、卵黄を多めにして味にコクを出した。しっとりとした食感と甘さで固定ファンも多いという。増本さんは「これからも地域に根差した名物を作っていきたい」と力を込める。

(金井恒幸)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る