shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
マカロン(2011/07/30)
マカロン

▼洋菓子店リビエール武庫之荘本店

マカロンは各200円で、1個からでも購入できる。苺(いちご)のショートケーキ360円。なめらかプリン250円。バームクーヘン・ホール(小)1570円なども人気

▽元日のみ定休
▽9〜21時
▽尼崎市南武庫之荘3の34の6(阪急武庫之荘駅から南へ徒歩6分)
▽TEL06・6438・6433

フランス仕込みの宝石≠スち

 父親が開いた店を今春、オーナーシェフの西剛紀(たけのり)さん(28)が引き継いだ。西さんは、3年にわたるパリでの修業を終えたばかり。お手ごろ価格の“町のケーキ屋さん”に、フランスの味を少しずつ取り入れている。

 その象徴がマカロン。常に18種類をそろえており、果実を使ったり、スパイスを利かせたりしたメニューに目移りする。専用の箱で小分けして並べられており、生地の模様も色とりどり。

 特にこだわったのはチョコレートだ。マダガスカルやガーナなど産地別に4種。フランスのチョコレート菓子コンクールで好成績を残してきた西さんの自信がのぞく。

 生地の食感は「サクッ、ホロッ」。本場はもっとしっとりとしているというが、日本人の好みに合わせた。

 「パリでの経験を、地元密着の店でどう表現していくかが課題」と西さん。父親の代からスポンジの配合が変わらないショートケーキの横に、斬新な色彩の洋菓子が並ぶ。「親子2代、地元のお客さんに育てられたことは忘れない」。言葉に力がこもった。

(金川 篤)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る