shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
ショコラ・ジュレ(2011/05/21)
ショコラ・ジュレ

▼六甲陶里庵(とうりあん)

ショコラ・ジュレは1個189円。厳選素材を使い、人気のケーキ「陶里庵クーヘン」は1575円から。地方発送も可

▽日曜定休
▽10〜19時
▽神戸市灘区森後町2の1の10(JR六甲道駅から北へ徒歩2分)
▽TEL078・862・1246

ゼリーから チョコとろ〜り

 ぷるぷるの寒天ゼリーの真ん中から、カカオの風味豊かなチョコがとろ〜り。濃い味が、つるりと喉を滑り落ちる。ほどよい弾力、心地よい涼感。思わず「喉越し爽やか!」と声が出る。

 水気を嫌うチョコと、ゼリーは異色の組み合わせ。それに挑んだのが、店のオーナーで、神戸の老舗洋菓子メーカーの開発部門に長年勤めた経験がある榊原元さん(61)。「小さな店でこそ作れる菓子もある。お客さんの驚きが見たい」。情熱を胸に、1年に及ぶ試行錯誤から「ショコラ・ジュレ」は誕生した。

 ベルギー産の上質なチョコを使う。生クリームと一緒にしてガナッシュを作り、ゼリーで包むのだが、「チョコは水分が入るとボソボソになる」と榊原さん。「解決するために編み出した製法は…ヒミツです」

 むむ。せめてお薦めの食べ方を教えてもらおう。「お皿に置いてココアパウダーを振ってみて。味が深まりますよ」。なるほど、これは美味!

 昨秋オープンした店先には備前焼がずらり。らしくない店構えが目印だ。

(岩崎昂志)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る