shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
さあんかく(2010/09/18)
さあんかく

▼うちこち製造・販売所

 「さあんかく」は1袋368円。「うちこち」(28個入り、1050円)は病みつきになる味で、ファンも多い

▽不定休
▽11〜18時(売り切れ次第閉店)
▽芦屋市打出小槌町13の15▽
TEL0797・31・8651

素材生かした味わいと遊び心

 粒あんを寒天で固めた生菓子。一口サイズのキューブ形のかわいらしい見た目に、三角形の小袋入りの包装。商品名「さあんかく」にも、広告プロデューサーでもある店主の鹿島敏正さん(56)の遊び心があふれる。

 もともとは、ギョーザ風おつまみ「うちこち」を製造、販売する店として10年前に開業。具材にあんこを入れたところ、これが好評で、「あんこだけ生で食べたい」という声もあったため、試行錯誤の末に作りだした。

 表面に厳選した素材をまぶしてあり、味のアクセントとなって、丁寧に炊き上げた上質の国産小豆本来のおいしさを引き立たせる。味はきな粉、ココア、梅じそ、抹茶の全部で4種類。

 「まず素材ありきで、自分の口に合い、自分が満足できるものを提供している」と鹿島さん。

 店内にはスティックタイプのピザ「ステッキ!!PIZZA」や、きな粉の焼き菓子「きなこ こなこ」など、ユニークな商品が並ぶ。「面白がってもらえる店でありたい」と、アイデアを練り続ける。

(藤嶋 亨)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る