shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
完熟くずきりゼリー(2010/08/21)
完熟くずきりゼリー

▼サロンドテ・ムッシュオオタニ

 完熟くずきりゼリーは1個360円、6個入りの詰め合わせは2360円。販売は9月中旬まで。ほかにイチジクの葉を練り込んだ生チョコも人気

▽無休
▽11〜20時
▽川西市栄町5の25
(阪急川西能勢口駅から徒歩10分)
▽TEL072・757・5799

ひんやりぷるぷる新食感

 「はしかフォークでお召し上がりください」。詰め合わせに添えられたカードの説明に合点がいったのは、スプーンですくったときだった。透明な何かが伸び上がり、口に到達する前にスルリと落ちた。果物の香りを漂わせて揺れる姿は見慣れたゼリーなのに、これは一体どうしたことか。

 「くずきりです」。オーナーの大谷一彦シェフ(48)が胸を張る。極限まで軟らかくしたゼリーに、果汁をたっぷり吸った、のど越しの良いくずきりを沈めた夏限定の和洋折衷スイーツなのだ。味は長野産リンゴ、岩手産ブドウ、和歌山産の梅のほか、「マンゴーの王様」と呼ばれるアルフォンソマンゴーなど7種類。ゼリーの出来を左右する水は、日本三霊山に数えられる白山(石川県、岐阜県)にわき出たものだ。「日持ちするので贈答用に買うお客さんが多いです」と大谷シェフ。

 そばをすする要領で、ずるずるっと豪快に。さっぱりした甘さが口に広がり、ひんやりぷるぷるのくずきりがのどをすり抜ける。新しい食感。夏が終わるのがちょっと惜しくなる。

(坂口紘美)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る