shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
くまどら(2010/04/03)
くまどら

▼ユーカリプティース

  くまどらは1個230円。くまどら号は1250円。徳島産「和三盆糖」入りの遊菓里(ゆうかり)ロール1本1200円も人気

▽無休
▽10時〜19時半
▽神戸市北区北五葉1の6の7
▽TEL078・592・1111

ふっくら生地の洋風どらやき

 クマの焼き印が押された洋風どらやきだから「くまどら」なり。生地の厚さは普通のどらやきの2倍ほど。中にはあんこではなく、卵とクリームがたっぷり入っている。店長でパティシエの中村傑悦(かつよし)さん(47)が10年ほど前に開発した。ボリュームがありながら、意外にあっさりしており、あっという間に胃の中に。絶妙のふっくら感は、焼き加減と、水分管理のたまものという。

  店名のユーカリプティースは「ユーカリの木のように地域に根付くように」などの思いを込めて妻のゆかりさん(47)と名付けた。ユーカリならば、なぜコアラではなく「くま」どらなのか。

  「それは妻がクマ好きだから…」と照れる中村さん。そういえば、店内にはクマのアートがいっぱい。くまどらの5個入りセット「くまどら号」の箱には、クマがくまどらを食べている絵も描かれている。

  ちなみに、くまどらには、クマが大好きとされるハチミツが隠し味として使われている。季節はずれながら、くまどらを食べて冬眠したくなった。

(井原尚基)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る