shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
キャベツ姫(2010/01/23)
キャベツ姫
▼やさい畑のケーキ屋 アゼリア

 キャベツ姫は420円、ホール型は2310円〜(要予約)。レンコン入りの山芋うさぎ360円やしょうがのケーキ330円、ジャガイモのモンブラン330円も人気

▽月曜休
▽10〜20時
▽西宮市門戸荘14の12
▽TEL0798・51・0010

切り口まで、本物そっくり

 丸々とした形に、独特の緑色。「こ、これはキャベツなのではっ!」。思わず叫んでしまったのは、そこが八百屋でなく、ケーキ屋だったから。

  カットした切り口までキャベツそっくり。だが、れっきとしたスイーツなのだ。緑色の正体は粉末クレソン。シュー生地に練り込み、カスタードクリームを挟んで何層にも重ねて仕上げる。

  甘さは控えめ。形こそ野菜だが、しっとりした生地の食感は、ミルフィーユ風のケーキそのもの。見た目のユニークさで、お土産に求める人も多い。家族や友だちを驚かせるにはもってこいだ。

  店長の朝木智弘さん(34)も、このケーキに出会った時は驚いた。9年前に先代から店を引き継ぎ、野菜スイーツを研究。くせのある風味を中和するための「企業秘密」の工夫もあるらしい。

  ほかにも、ヤマイモやゴボウのケーキ、ジャガイモのモンブランなど、季節ごとに常に約10品が店に並ぶ。まさに「野菜畑」。朝木さんは「客に驚いてもらうのが快感。新作も開発中です」と不敵に笑う。次なる収穫物は…?

(岩崎昂志)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る