shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
柿はちねん(2009/10/10)
柿はちねん

▼明月庵本舗

 柿はちねんは1個250円。「ら・かすた」はカスタードクリーム110円、チョコクリーム120円など

▽不定休
▽9〜19時
▽神戸市須磨区飛松町2の4の4(山陽電鉄・地下鉄板宿駅から徒歩2分)
▽TEL078・732・0667

秋限定のアイデア和菓子

 口へ入れたとたんにやってくる干し柿本来の甘み。続いて、静かに白あんの上品な甘みが加わってくる。柿の実をベースに仕立てた、秋限定の人気和菓子「柿はちねん」の魅力は、味の絶妙なハーモニーだ。おいしさの秘訣(ひけつ)は、もっちりした食感が特徴の長野産市田柿を使うことだという。

 社長の佐野幸弘さん(42)は、和洋の壁を越えた新しい菓子づくりを目指すアイデアマン。中でも大福の中にカスタードクリームなどを入れた「ら・かすた」は2003年の発売以来、インターネット販売などで人気を呼び、定番商品に育った。

 一方、その陰には、バナナあんを巻いたロールケーキなど、数多くの“失敗作”も。それでも商品開発で冒険できるのは、軸足を置くまんじゅうやおはぎなどの定番商品に自信があるから。

 「若いころは、こんな菓子は無理、と見切りが早すぎた」と振り返る佐野さん。しかし今は「お客さんのために」と妥協を封印。和洋の壁を取り払った発想で、今度はどんな菓子が生まれるのか。また今度、店に行ってみよう。

(井原尚基)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る