shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
伊川谷山の手ロール(2009/09/26)
伊川谷山の手ロール

▼パティスリーアンクレール

 「伊川谷山の手ロール」(1本950円)。さまざまな味の余韻が楽しめる焼き菓子「2時のアマンド」(160円)が大人気
▽神戸市西区伊川谷町有瀬31の1 ファルファーラ伊川谷1階(JR朝霧駅から路線バス55系統「神陵台」徒歩5分)
▽TEL078・975・5252

しっとりとした口溶け

 プランターに咲く色鮮やかな花々。吸い寄せられるように店に入ると、ミツではなく甘いケーキが並んでいた。磨かれたショーケース内の商品は、色や高低の工夫で見やすく配置されている。神戸市須磨区出身のオーナーパティシエ牛尾嘉之さん(43)は「お客さん一人一人を大切に、ベストを尽くしたい」と話す。

 15歳からこの道一つで歩んできた。大手の洋菓子工場から個人のケーキ店まで、修業の日々は12年にも及ぶ。行き着いたのは「食べやすさに重点を置いた、幅広い方々に喜んでもらえる店」。

 「ちょっと食べてくれませんか?」。出してくれたのは「伊川谷山の手ロール」。口に含んだ瞬間、違いが分かった。気泡のたて方にこだわりがあるという、はちみつ入りの生地は、しっとりと口の中で溶けていく。生クリームとのバランスのよさは言うまでもない。

 「実は看板商品はほかにあるんです」と牛尾さん。その口から「2時のアマンド…」という謎の言葉が漏れたのは、その後すぐのことだった。果たしてどんなお菓子か。下記のメモで。

(塩田武士)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る