shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
渚ロール(2009/06/20)
渚ロール
▽パティスリー コンサクレ・カイ

 「渚ロール」1本980円、カット240円。半熟チーズ(120円)や海アマンド(130円)も人気

▽火曜定休
▽10〜20時
▽神戸市西区宮下1の1の5
▽TEL078・921・0818

シェフの自信、直球ど真ん中

 シンプル・イズ・ベスト。言うはやすく、行うは難し。だがその難題に敢然と立ち向かう1人の男がいる。西日本洋菓子コンテストで最優秀賞受賞の経歴を誇るオーナーシェフ、吉田幸広さん(33)だ。

  9年半の修業を経て、昨年10月にオープンした店の1番の人気商品は「渚(なぎさ)ロール」。生地の材料は卵、小麦粉、砂糖のみという潔さ。中身も「果物などの味でロール本来の風味が左右されないように」との信念から、生クリーム以外はノーサンキュー。まさに王道、直球ど真ん中である。

  武骨でカワイイこいつには、“余計”な味は似合わない。あっさりした甘さの生地とクリームが、口の中で軽やかに溶け合う。癖はない。そして癖になる。材料はすべて簡単にそろうが、この味は「プロにしか出せません」。普段あまり甘いものを食べない中年男性からも好評とか。

  駅から遠く、行きやすい店ではない。「でも、とにかく一口食べに来てほしいんですよ」と吉田さん。小細工抜きのケーキ、隠し味は職人の自信とみた。

(黒川裕生)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る