shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
ぜんざい(2008/11/28)
ぜんざい
▽エビスヤ小松商店

 ぜんざいは500円(冬期限定)。えびす焼きは、黒あんと白あんがあり、1個90円。みつまめ500円。あんみつ550円。

▽10時―19時
▽火曜休み
▽西宮市馬場町2の23(阪神西宮駅南へ5分)
▽TEL0798・34・0828

懐かしくて心温まる甘さ

 気温が下がり、冬が近づいてくると、食べたくなるのがこれ。ぜんざい。体は温まるし、おなかは満腹になる。冬のスイーツの代表格でしょう。

  昭和の初め、西宮神社近くで創業した。代々受け継いできた看板の回転焼「えびす焼き」は、甘さ控えめのあんが絶品。「あんがおいしいから、ぜんざいも作って」とお客さんに頼まれたのがきっかけ。十年ほど前から販売してきた。

  北海道産の丁寧に煮詰めた小豆の粒が、口の中で溶けるようにつぶれ、あっさりした甘さが広がる。

  もちも自家製。三代目店主の小松幸美さん(67)は「良い材料でできるだけ安くがモットー。多くの人に買ってもらい、喜んでもらいたい」との一心で商売を続けてきた。

  ふと、昔、祖母がおやつにぜんざいを作ってくれたのを思い出した。そんな懐かしく、やさしい一品だった。

(藤嶋 亨)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る