shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
フィユテ・ポム(2008/11/14)
フィユテ・ポム

▼ミッシェルバッハ

 フィユテ・ポムは336円。カスタードクリームをはさんだミルフォイユは367円

▽10―19時
▽月曜定休、火曜不定休
▽西宮市久出ケ谷町(阪急夙川駅から徒歩5分)
▽TEL0798・74・3789

お散歩しながらガブッ

 口に運んだ瞬間、甘さと酸っぱさと香ばしさが一斉に押し寄せてきた。心地よい和音が口の中に響く。ミッシェルバッハのリンゴパイ「フィユテ・ポム」は、常温でも気持ちが温まる不思議なスイーツだった。

 絶妙な組み合わせの正体は、旬のリンゴやブルーベリー、ピスタチオなどの調和によるたまもの。深いコクは、日本ではなじみが薄い発酵バターのおかげ。グロゼイユ(赤スグリ)の実とアンズのつやが食欲をそそる。

 店名は先代が修業中に訪れて気に入ったドイツの町の名だとか。二代目の須波宏晋(ひろのぶ)さん(30)は、素朴な味を守りつつ、現代風のかっこ良さ、かわいらしさを取り入れようと研究を重ねてきた。

 片手で持てるお手軽サイズのリンゴパイは、「散歩のお供に」という願いから。行儀はこの際気にせず、景色を眺めながらガブっといきたい。

(井原尚基)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る