shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
丹波栗極撰 バターケーキ(2008/10/24)
丹波栗極撰 バターケーキ
▽神戸旧居留地 美侑

 丹波栗極撰バターケーキは3675円、栗・くりっ・くりは683円

▽10時半―20時(カフェは19時でオーダーストップ)
▽元日休み
▽神戸市中央区三宮町2の9の3
▽TEL078・392・3735

ほくほく甘さ控えめ

 仕事に家事、介護、育児。みなさん、毎日、お疲れさま。たまには自分(と好きな人)にごほうび、あげましょう。

  大粒の丹波栗(ぐり)がふんだんに使われた「丹波栗極撰(ごくせん)バターケーキ」。タルト台の上に重ねたあんや、生地にもクリを練り込み、丁寧に焼き上げた。クリの味を楽しんでほしい、と甘さは控えめだ。

  丹波市と篠山市で収穫されたクリだけを取り寄せているとか。「十一月には新物が入るので、一層、ほくほく感が味わえますよ」と店主の千賀篤さんは話す。日持ちは約二週間。配送にも応じている。

  ほかにも、「栗・くりっ・くり」という名のケーキ、焼き菓子の「丹波栗ころっころ」などがあり、クリ好きにはパラダイス。“別腹注意報”が発令されそうだ。

  丹波産の黒豆やきな粉を使った菓子も並ぶ。どのケーキも、二階のカフェでいただける。

(新開真理)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る