shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
シフォンケーキ(2008/10/17)
シフォンケーキ

▼くるみや明石駅店

 写真奥の「いちごシフォン」(3150円)はホールのみ。9月末に登場した濃厚なベイクドチーズケーキ(399円)も人気。本店は明石市本町1

▽9―20時
▽無休
▽明石市大明石町1(JR明石駅すぐ)
▽TEL078・914・9638

50年変わらぬ明石の味

白黒テレビと洗濯機、冷蔵庫をそろえることが各家庭の夢だった昭和三十年代前半。明石の人々の心をつかんで離さないお菓子がありました。

  くるみやの「シフォンケーキ」(294円)=写真手前。しっとり、ふわふわの生地を、たっぷりの生クリームで包み、当時としては「世にも不思議なぜいたくなお菓子」でした。なぜって洋菓子自体が珍しく、生クリームも貴重だったからです。

  高校の家庭科教師だった丁子(ちょうじ)はつみさん(88)が、外国から取り寄せた洋菓子のレシピ集を見て作ったそう。シフォン型が手に入らず、バターケーキを焼くエンゼル型を使ったので形は独特。ちなみに本人はシフォンケーキを食べたことがなかったそうです。

  変わらない材料、製法で、変わらない味を提供して約五十年。乳脂肪46%の生クリームはこくがあり満足感十分。明石の人々にとってこのケーキが豊かになる日本の象徴だったのかもしれません。

(坂口紘美)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る