shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
粗糖のシュークリーム(2008/06/06)
粗糖のシュークリーム

▼トゥッティフルッティ

 粗糖を使ったプリン「苦楽園プリン」(230円)も人気

▽11時45分―22時
▽水曜定休
▽西宮市松生町12の20(阪急苦楽園口駅から徒歩約5分)
▽TEL0798・70・8798

 シュー皮からのぞくクリームはベージュ色。こっくりとした甘さと、しっかりした食感はまるでプリンのよう。本当にカスタードクリーム?

  実はこれ、上白糖やグラニュー糖の代わりに精製される前の「粗糖」を使った「粗糖のシュークリーム」(百五十八円)。少し固めに仕上げているだけで、クリームの基本的な作り方は変わらない。粗糖はざらめのような風味があり、ミネラル分がたっぷり含まれているという。

  もともとは無添加の食材にこだわったレストラン。二年半前から料理に使っていた材料で洋菓子を作り、販売を始めた。

  鹿児島県・喜界島産の無農薬で育てたサトウキビを原料とした粗糖、平飼い地鶏の有精卵、国内産の小麦粉…。厳選された素材はおいしいだけでなく安心感がある。

  どこか懐かしく、疲れたときに効く甘さ。素材そのものを生かし、心も体も満たしてくれる「ロハス」なスイーツなのだ。(鎌田倫子)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る