shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
新玉のケーキ(2008/04/18)
新玉のケーキ

▼日洋堂

 「新玉のケーキ」は1個410円(1日限定10食)。他にタマネギクッキー(3個126円)も

▽9―19時
▽火曜休み
▽洲本市物部2の12の3(洲本高速バスセンターから15分、物部郵便局前)
▽TEL0799・22・2296

タマネギ、あま〜く変身

 洲本市のパティシエが淡路特産のタマネギを使ったケーキを考案した。砂糖漬けにしたタマネギで生クリームをたっぷり包み込む。不思議な取り合わせ。サクッとした食感と、ふんわりした甘さが口いっぱいに広がる。

  「日洋堂」の西久夫さん(56)が作った「新玉のケーキ」。タマネギ独特の風味はほとんどなく、ゼリー状の砂糖に覆われ、甘い香りを放つ。

  砂糖漬けはコンフィと呼ばれ、果物をケーキに飾る際に使う手法。西さんもイチゴ、ビワなどを日ごろから砂糖漬けにしており、タマネギでも試してみた。

  コンフィにするだけで二週間がかり。ゼリー状になるまで手の込んだ作業。ケーキは卵白で作ったメレンゲを低温で焼き、中に生クリームを詰める。コンフィを一枚一枚巻き付けて出来上がり。

  西さんは「大人から子どもまで楽しめる味。冒険心が強い甘党に味わってもらいたい」。

(西尾和高)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る