shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
白川包み(2008/04/04)
白川包み

▼ケーキハウス・ダルセーニョ

▽神戸市須磨区白川台1の4の11、メゾンド・ルミエール1階
▽TEL078・792・1815
▽不定休
▽10―21時

やまももクッキー(1個120円)もご当地スイーツ

もっちり「洋風どら焼き」

 神戸・須磨北部の自然が残る白川台の地名を冠にしたご当地スイーツ。どら焼きが柔らかくなったようなスポンジにクリームが包まれる。口の中でとろけるように絡み合い、甘ったるさがほとんど残らない。

  白川台に店を開いて十年になるオーナー兼パティシエの伊藤敏郎さん(55)は、三田市の有名パティシエ小山進さんの元上司。ご飯を主食とする日本人の食感に合うよう、水分の多いスポンジを研究し、和菓子のもっちり感とワッフルの弾力を見事に調和させた。

  質のいい生クリームで甘みを出しているので、砂糖はあまり使わない。あっさりした後口のよさがお年寄りにも好評で、客の年齢層は幅広い。大手百貨店では一日三千個売れることも。

  店名はイタリア語で「元に戻る」。その名の通りリピーターは多いが、伊藤さんは「お客さんが他の人に店を教えたがらないのが悩み」とか。

  一個百二十円。

(吉本晃司)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る