shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
ベルギーチョコレート(2008/03/21)
ベルギーチョコレート

▼「レオニダス神戸岡本店」

 パティシエが作るメレンゲを使ったフランスの焼き菓子「マカロン」(1個180円)も人気

▽11―19時
▽水曜日休み
▽神戸市東灘区岡本2の8の3▽TEL078・414・5338

本場の味、ずらり60種

 十年ほど前、ベルギーに旅行した時だった。街行く人に「一番おいしい店は?」と聞いて、教えてもらったのがチョコレート専門店「レオニダス」だった。神戸にも二〇〇二年九月に開店した。

  多彩なチョコレートが整然と並び、見た目にも楽しい。ショーケース前で三十分以上迷ったあげく、「一個ずつください」という人も少なくない。

  種類は約六十。ヘーゼルナッツなどをペースト状にして練り込む「プラリネ」や、口溶けの良い「トリュフ」。クリームやナッツ、砂糖漬けにしたオレンジの皮など組み合わせも絶妙。口の中で甘さが立体的に広がる。

  ベルギーでの創業は一九一三年。良質なカカオ豆やカカオバターにこだわり、昔ながらの味を守る。世界に約二千店あり、日本には毎週、製品を空輸する。

  もともと、チョコレートは体調を整える飲み物として珍重されていた。板チョコやプラリネを湯せんで溶かし、温めた牛乳やエスプレッソに混ぜて飲むと、心も体もリラックスできる。

  量り売りで、百グラム千五十円。一個からでも購入可。

(藤嶋 亨)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る