shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
カスタードまんじゅう(2008/03/07)
カスタードまんじゅう

▼良友酒家

▽神戸市中央区中山手通3の11の8
▽TEL078・221・5866
▽月曜定休
▽11時15分―15時、17時―20時半(ラストオーダー)

姉妹店「Liang You(リャンヨウ)」では鍋を二つに仕切った「火鍋」(ホーコー)が楽しめる(TEL078・333・6684)

甘さ控えめいくつでも

 小麦粉でできた皮の中身は、カスタードクリーム。香港生まれの点心の一種だ。本名は「〓皇包(ナイ・ウォン・パオ)」。〓皇はカスタードを意味する。

注) 〓は「女ヘン」に「乃」

  「もともと中国にはカスタードクリームはないので、おそらく、イギリス統治時代に香港に入ってきたのでは」と、潘秀莉(ばんしゅり)さん。二十年前に両親が起こした広東料理店を、現在は中心になって切り盛りする。

  この菓子は、香港の点心専門店で食べて以来、病みつきになり、香港を訪れると必ず、冷凍したものを大量に買って帰っていた。

  「何とかうちでも出したいと思っていたんですが、一からレシピを起こすとなるとなかなか大変で…」。そんな中、三年前、JR元町駅の南東に姉妹店を開店。香港から点心専門の料理人を招いたのをきっかけに、オリジナルを考案、本店でも出すようになった。

  「何より、飽きのこない味を目指した」と秀莉さん。甘さ控えめ、大きさもほどほどで、いくつでも食べられる。三個六百三十円。地方発送も可。

(片岡達美)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る