shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
栗まるん(2007/12/14)
栗まるん

▼ダンクフェスタ

 店名はドイツ語の「ダンクフェスト(感謝祭)」から。JR新長田駅から徒歩約5分

▽10―19時半、「そーにょ」は11時半―19時
▽水曜定休(祝日は「ダンクフェスタ」のみ営業)
▽神戸市長田区大橋町5の3の1、アスタプラザイースト214
▽TEL078・641・0814

親しまれる庶民の味

 「お母ちゃん、ほら『栗まるん』やで」

  「いや懐(なつ)かし! あの『ダンクフェスタ』のロールケーキかいな。せやけどあの店、三木に引っ越したんと違(ちご)た?」

  「せやってんけど、新長田に帰ってきはったんよ。それで今日、久しぶりに寄ってみてん」

  「うれしいわあ、私これ大好きやってん。あ、けどお父さんの分も残しとかんとな。あの人もこれ好きやから」

  ―てな会話が神戸・長田かいわいで繰り広げられたかどうかはさておき。「ダンクフェスタ」が一九九六年に開店してから、「栗まるん」は安定した人気を誇っている。

  コーヒーロールの中にはクリとパイ。生クリーム入りのバタークリームは口どけがよく、生クリームも植物性油脂を含まないためキレがいい。男女年齢を問わず好まれる。

  板宿から九九年に三木に移り、昨年からはオーナーシェフ豊嶋丈志さん(42)の故郷、新長田の再開発ビル「アスタプラザイースト」で営業する。店で買って、隣接する喫茶店「そーにょ」で食べることも。一本八百円。

(溝田幸弘)


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る