shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
きなこバター(2007/06/23)
きなこバター

▼Muu(ムウ)

姫路市網干区垣内東町68
▽TEL080・1402・5053
▽木―土曜10―16時に営業。第3木曜定休。臨時休あり

 パンに良し、クラッカーに良し。今やスイーツの定番になった感のある「きなこ味」だが、長年のきなこファンという、いくちゃんこと森下郁子さん(35)手製の「きなこバター」は、コクも香りも本格派。素材は国産のきなことバター、紛糖、練乳のみで、マーガリンを使っていないのがポイントだとか。素朴な甘さに、懐かしい気分が込み上げる。

  いくちゃんの「きなこ体験」の原点は、幼いころに通いつめた故郷・家島の駄菓子屋さん。小遣いの小銭を握り締め、悩み抜いた末の選択は、いつもきなこ味の練りあめ。当時20円だった。

  全国の人気スイーツを次々、自宅に取り寄せている父親の影響か、いくちゃんは主婦ながら菓子職人並みの腕前。家庭用に作っていたアーモンドバター、キャラメルバターに続き、研究を重ねて完成させた。

  仲良しのいとこが昨秋、オープンさせた「主婦の手作り品セレクトショップ Muu(ムウ)」に出品、人気を集めている。

  100グラム250円。


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る