shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets Love
ぴゅあ樹(バーム)(2007/05/28)
ぴゅあ樹(バーム)光

▼ぴゅあ樹(バーム)光

西宮市郷免町1の11
▽TEL0798・22・7739
▽9時半―19時
(売り切れ次第終了)
▽火曜定休

「君に食べさせたいお菓子があるんだ」

  そう言って彼が差し出したのは、輪の模様も美しい、淡い黄色のケーキ。「バウムクーヘン?」と尋ねる私。「ぴゅあ樹(バーム)っていうんだ。小麦粉の代わりに、北播磨特産の最高級酒米・山田錦の米粉を使っているから食感がもっちりしているんだよ」と彼。

  ひと切れほお張る私。「ホントだ。弾力があって、でもふわっとしてる! 卵の味がちゃんとして何か懐かしい感じ」。幸せそうな私を見てにっこりする彼。「バターは北海道産、卵は九州の霧島高原産で添加物は入ってないからね。これは、お菓子作りの素人だった店長が、木の切り株を見てひらめいたんだ。これまでにない日本のバウムクーヘンを焼こうって」

  言い終えた彼は少し居住まいを正し、照れた様子で小箱を取り出した。中には指輪が入っていた。「バウムクーヘンには、年輪を重ねるように幸せが続きますようにっていう願いが込められているんだ。人生を共に歩もうと決めた僕らにぴったりじゃない?」

  1ホール900円から。


(神戸新聞夕刊掲載)
戻る