shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
姫路産イチジクのロールケーキ人気 元帝国ホテルパティシエのコミュニティー喫茶

人気のかき氷とイチジクのロールケーキを前にする久米川哲也さん(右)と嵯峨山悠さん=わかばや

 東京、大阪の帝国ホテルで長年、パティシエを務めた久米川哲也さん(66)が故郷の姫路に戻り、障害者作業所や保育園を併設した「コミュニティ&アトリエ喫茶わかばや」(姫路市岡田)で腕を振るっている。宝石のような輝きを演出したかき氷「こはく氷」などが人気。作業所利用者と住民の交流に、スイーツを通じて一役買っている。
 同ホテルに就職し、パティシエとして腕を磨いた久米川さんは2008年、両親の介護のため姫路に戻り、社会福祉法人「姫路若葉福祉会」の保育園で調理を担当。同会が今春開設した「わかばや」の喫茶コーナーも受け持った。
 看板商品のこはく氷(季節限定、400円)は、作業所施設長の嵯峨山悠さん(40)らと考案した。作業所では、寒天と砂糖でできた伝統菓子「琥珀糖(こはくとう)」をカラフルに仕上げた「姫コハク」を販売しており、嵯峨山さんが「プルプルの生琥珀を載せられないか」と提案。地元産イチゴで作ったジャムなどを氷とともにミキサーでフラッペ状にして、生琥珀を載せた。生琥珀は角を落として多面体にすることで、光の反射による輝きを添えている。
 姫路産イチジクのロールケーキ(280円)も人気。店では作業所利用者も接客に加わる。久米川さんは「できる限り地元の旬の食材を使い、自然な甘さを感じられるメニューを作りたい」と話している。
 午前9時半〜午後4時半。土曜不定休。日・祝日休み。わかばやTEL079・269・9874

(2020年9月26日 神戸新聞掲載)

戻る