shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
セセシオンが新商品 新型コロナにあわせてテークアウトでも販売

にしむら珈琲店のセセシオンが新発売したスイーツ

 神戸のコーヒー専門店「にしむら珈琲店」(本社・神戸市中央区)の直営パティスリー「セセシオン」が、独自のカジュアルスイーツとして、子どもも楽しめるプリンやロールケーキなどを新発売した。新型コロナウイルスの感染拡大で、自宅にこもる時間が長くなる中、テークアウトでも販売。本格スイーツを家族団らんの場へ提案する。
 同社は国際都市・神戸に似合う重厚な雰囲気の喫茶店を運営。「セセシオン」はウィーン菓子をコンセプトに、コーヒーにあう味を追求してきた。
 長年築いてきたカフェ文化を残すには、若い年齢層へアピールできるメニューも必要と考えた。とりわけ親子連れ、祖父母と孫が立ち寄ることをイメージし、定番の3品をアレンジ。新型コロナウイルスの影響とも重なり、持ち帰り用のホールなども用意した。
 「氷上のノンホモミルクのプリン」(350円)は、濃厚ミルクに自然卵とココナツシュガーを加え、優しい口当たり。「BIO蜂蜜のルゥラーデ」(1個350円、テークアウトは1本1200円)は、オーストリア産蜂蜜のコクを生かしたクリームが特徴となっている。「クリームチーズの半生スフレ」(1個350円、テークアウトはホール1200円)はしっとり感としっかりチーズ味で、後味がすっきりだ。
 にしむらコーヒーサービスの吉谷修作社長は「外出が減った今、コーヒー店の本格スイーツを家庭でも楽しんでほしい」。御影店、元町店、芦屋店などでテークアウト販売している。
元町店TEL078・393・1480

(2020年5月15日 神戸新聞掲載)

戻る