shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
伊丹 桜スイーツ召し上がれ 和洋菓子5店舗競作

 世界的な名所である米ワシントン・ポトマック河畔の桜と、伊丹市との関わりをPRしようと、市内の和洋菓子店5店舗が3月1日から、桜の風味を楽しめる「桜スイーツ」をそれぞれ販売した。
 ポトマック河畔の桜は1912(明治45)年に当時の東京市長が贈った。苗木の台木は、植木の産地で名高い伊丹市東野地区で生産されたという。桜スイーツの販売は、寄贈から100年となる2012年に市が企画し、各店舗が協力している。
 「Smile―Yam すみれ家」(伊丹市鴻池)の「桜村雨たると」(184円)は、桜あんなどに塩漬けした桜をアクセントに添えた。「パティスリー ニルヴァーナ」(同市昆陽)は桜のペーストを混ぜた「桜シフォン」(346円)を、「菓子工房シュプレーム」(同市北野)は桜風味のスポンジが楽しめる「北野 桜ロール」(680円)を販売する。
 4月中旬ごろまで。5品は3月1日から伊丹市ホームページで掲載される。同市まちなかにぎわい課TEL072・784・8068 

(2020年3月1日 神戸新聞掲載)

戻る