shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
但馬・丹波産のユズ、ショウガ… 地元の和素材使ったチョコを創作

 但馬や丹波特産のユズやショウガ、ゴマといった和の素材を組み合わせて織り込んだチョコレートの新商品を、洋菓子製造販売のカタシマ(養父市)が開発した=写真。「ユズと抹茶」など独創的な組み合わせの6種類を400箱限定で販売。新たなブランドとして定着を目指している。
 カタシマは2014年以降、サンショウや黒豆など但馬や丹波の素材を使ったスイーツを手掛けてきた。今回は、「コウノトリ育む農法」で栽培された豊岡市のショウガ▽農業生産法人アムナック(養父市)が生産した酒米を使った日本酒「能座ほまれ」の酒かす▽丹波産の黒ごま―などを組み合わせた。
 昨年9月にロンドンの高級レストラン「ダイニングSW3」で開かれた「但馬フェア」で試作品を発表したところ、フランス人シェフらから、ショウガやサンショウの風味や味わいに関心が集まったという。商品名はレストランにちなんで「SW3ロンドン」とした。営業部長の廣氏隆之さんは「酸味と苦みのバランスで難しい点もあったが、世界に誇る食材の良さを引き出せた」と話している。
 6個入り1800円。養父、豊岡、丹波市などにある店舗やオンラインショップで販売。TEL079・664・0351

(2020年2月19日 神戸新聞掲載)

戻る