shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
丹波大納言小豆をPR 丹波市で「ぜんざいフェア」

丹波大納言小豆をPRするぜんざいフェアのパンフレット

 丹波市特産の丹波大納言小豆をPRする「ぜんざいフェア」が、同市内で来年2月18日まで開催されている。期間中、市内の30店がオリジナルぜんざいを提供し、参加店舗を巡るスタンプラリーや、インスタグラム(写真共有アプリ)でのぜんざい写真コンテストなども催される。参加店のマップなどを掲載したパンフレットも発行した。
 県や市などでつくる丹波大納言小豆ブランド戦略会議などが企画し、4回目。
 パンフレットでは、素材の味が際立つ「王道ぜんざい」と、アレンジを効かせた「創作ぜんざい」に分けて写真付きで紹介している。創作のうち、同市氷上町小野のカフェフェミニテが提供する「ガレット大納言タピオカ添え」(858円)は、もちもちのタピオカと大粒の小豆の共演が楽しめる。
 写真コンテストは、インスタグラムで同フェアのアカウントをフォローした上で、ハッシュタグ「♯丹波大納言小豆ぜんざいフェア2019」を添えて参加店のぜんざいの写真を投稿する。スタンプラリーは、専用のはがきに3店舗以上のスタンプを集めて応募する。来年2月29日必着。入賞者や当選者には、市内で使える「たんば共通商品券」が贈られる。
 パンフレットは参加店や観光案内所などで手に入る。フェア事務局TEL06・6338・0640

(2019年11月27日神戸新聞掲載)

戻る