shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
工芸菓子でメルヘン表現 太子町のパティシエ、洋菓子の全国大会連覇

洋菓子コンテストで金賞を受けた井口正登さんの作品「赤ずきん」=太子町東保

  太子町東保、洋菓子店「菓子の樹(き)」のパティシエ井口正登さん(39)が、東京で開かれた洋菓子コンテスト「2019ジャパンケーキショー東京」に出品し、小型工芸菓子部門トップの金賞に輝いた。童話「赤ずきん」の世界を高度な技術と表現力で創作した。
 コンテストは日本洋菓子協会連合会などが主催。今年は全14部門に国内とアジア各国から約1800点の出品があった。井口さんは子どもにも親しみやすい童話をモチーフに2014年から挑戦を重ねる。小型工芸菓子部門での優勝は昨年に続き2度目。
 今回は物語の登場人物をイメージ豊かに制作。ゼラチンと粉砂糖を練り合わせたパスティヤージュやマジパンで、舌なめずりするオオカミやおなかの中のおばあさんを造形した。糸や針などお話の小道具も配し、遊び心があふれる。
 驚きやわくわく感を大切に菓子づくりに日々励む井口さん。「見て楽しんでもらえるお菓子の世界を知ってほしい」。同店TEL079・277・3022

(2019年10月29日神戸新聞掲載)

戻る