shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
高校生、専門学生が考案 丹波栗スイーツ 4企画が商品化

独創的なスイーツ企画を出し、商品化が決まった高校生や専門学校生=丹波市春日町黒井

モンブラン風メレンゲサンド

チョコっとほっ栗ブラウニー

丹波栗と丹波黒豆の県農みそパウンドケーキ

丹波栗のレアチーズ大福

  丹波栗を使ったスイーツの新企画を一般公募する「丹波栗新商品オーディション2019」の最終審査がこのほど、丹波市春日町黒井の春日住民センターであり、高校生や専門学生が考案した企画4件の商品化が決まった。丹波栗の豊かな甘み、ほくほくの食感を生かして仕上げたブラウニーや大福など、独創的な逸品がそろった。丹波地域の菓子店が改良を加え、11月ごろから順次発売する。

 丹波県民局などでつくる丹波栗フェア実行委員会が、丹波栗の新たな魅力を引き出し、ファンを獲得しようと開催。2012年度にプロも対象とした「スイーツコンテスト」として始め、17年度からはプロは除外し、一般公募のオーディション形式に切り替えた。
 今回は県内の高校生や県外の専門学校生、主婦らから61件の応募があった。書類審査を通過した8件について、丹波地域の菓子店4店舗の代表者が試食し最終審査をした。
 栗入りのペーストをメレンゲで挟んだ「モンブラン風メレンゲサンド」を出品し、商品化が決まった県立篠山産業高校3年の松尾天音(あまね)さん(17)と東浦百花(ももか)さん(17)は「採用されると思っていなかったのでうれしい」と満面の笑み。見た目はシンプルながら、ペーストに栗の食感を残したり、ラム酒で香り付けをしたりしてこだわったという。
 この企画に磨きをかけ、商品化に当たるパティスリーエムズパッション(丹波篠山市杉)代表の松木満さん(39)は「高校生らしく、遊び心があっておもしろい」と評価。「他にも良い企画があった。オーディションのレベルが年々上がっていると感じた」と話していた。
 他の採用された企画と応募者、商品化する店舗は次の通り。(敬称略)

 チョコっとほっ栗ブラウニー(大原医療福祉製菓専門学校梅田校・綿引友香)=スイーツファクトリー▽丹波栗と丹波黒豆の県農みそパウンドケーキ(県立農業高校・宮崎能乃)=お菓子の夢工房 ときわどう▽丹波栗のレアチーズ大福(県立社高校・吉田遥香)=御菓子司 藤屋

(2019年10月25日神戸新聞掲載)

戻る