shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
シソが珍しい外国人に…「しそしろっぷ」英語の解説入りうちわでアピール

「しそしろっぷ」を英語で説明するうちわを手に、生まれて初めてシソスイーツを味わうジェンナさん(右)ら=宍粟市山崎町山崎

  「しそう」をシソでPRしようと、宍粟市商工会女性部が毎年作っている「しそしろっぷ」。今年はシソが珍しい外国人にも飲んでもらおうと、英語の解説入りのうちわを作った。
 同女性部は宍粟市山崎町内の畑で青ジソと赤ジソを無農薬栽培し、シロップを手作りしている。欧米では、日本料理店でもシソ代わりのプラスチックシートが皿に飾ってあるぐらいで、シソのスイーツを食べる機会はまずないという。
 市内で外国語指導助手として勤務する米国・ハワイ出身の日系5世、ジェンナ・カイタさん(23)もシソのゼリーやジュースを初めて口にして「苦いかと思ったけど、さわやかでおいしい。びっくりした」と笑顔を見せていた。
 しそしろっぷは300ミリリットル入り1200円(税込み)で500本限定。市内の和洋菓子店ではシロップを使った商品も販売している。同商工会TEL0790・62・2365

(2019年8月11日 神戸新聞掲載)

戻る