shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
特産みそでまんじゅう開発 太子の和菓子店が「法伝哉」 太田小児童も協力

太子みそを原料に誕生した焼きまんじゅう。地元小学生も開発に一役=太子町東南

 太子町特産の太子みそを使った焼きまんじゅうを同町東南の和菓子店「御菓子司さくらや」が発売した。聖徳太子にまつわる伝統行事にちなみ「法伝哉(ほうでんや)」と命名。地元の太田小学校の児童も商品開発に協力し、町のPRに一役買っている。
 特産品を使った太子らしい和菓子を―と町が作り手を募り、同店が名乗りを上げた。昨年初めから町商工会を介してフードコーディネーターが加わり、アイデアを練ってきた。
 法伝哉は、聖徳太子が仏教を敵視した有力豪族の物部守屋(もののべのもりや)を打ち破った際に喜ぶ様子を表すとされる伝統芸能。まんじゅうは、法伝哉で使用する太鼓を想記させる平たい丸形。白あんを包む皮に太子みそを練り込み、みその風味や香ばしさが味わえる。ばちをイメージした松の実も添える。
 総合学習の一環として町の魅力発信に特産品の活用を提案した縁で同小5年生=当時=も商品開発に協力。試食アンケートに答え、商品名に振り仮名を入れる意見が採用された。
 商品説明のしおりも作った児童は「特産品を使った商品が広まり、太子を知ってもらえれば」。同店主人の久野道春さん(60)は「和のまち太子の新たな和菓子として長く愛される名物に」と期待を込める。1個150円(税別)。さくらやTEL079・276・0452

(2019年4月10日神戸新聞掲載)

戻る