shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
小麦粉使わずお米でつくったカステラ「メシテラ」 養父市ブランド推奨品に

養父市の推奨品「やぶの太鼓判」に認定された2商品を製造する「カタシマ」の廣氏良致社長(右)=養父市役所

 養父市の地域ブランド推奨品「やぶの太鼓判」に、洋菓子製造のカタシマ(同市小城)が手掛ける、「天滝ゆずのマーマレード」と「メシテラ」が新たに認定された。地元で栽培されているユズや米を生かし、特徴ある商品に仕上げたことが評価された。
 やぶの太鼓判は、養父市内の業者が製造する加工品が対象。市や商工会などで組織する委員会の審議を経て認定される。今回の2点が加わり、認定品は計39点となった。
 新たに追加された「天滝ゆずのマーマレード」は、無農薬栽培のユズの果汁や皮を使っている。「メシテラ」は、但馬のブランド米「コウノトリ育むお米」の米粉を使用し、小麦粉を使わない「グルテンフリー」のカステラだ。
 カタシマの廣氏良致社長(55)は「マーマレードは英国の展示会で入賞した。グルテンフリーのカステラも、徐々に販売が増えている。今後も地元の食材を使って良い商品を出していきたい」と話している。

(2019年1月5日 神戸新聞掲載)

戻る