shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
コウベリーズと長田のカフェ スイーツを共同開発

 神戸発のアイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」と神戸のまちをモチーフにしたスイーツ3品が、神戸市長田区大橋町5のカフェ「桜物語」に登場した。コウベリーズのメンバーと同店による共同開発。今年の流行語年間大賞にもなった「インスタ映え」を意識した見た目と、控えめな甘さが売りといい、メンバーらは「おしゃれな神戸をおいしく味わって」とPRする。

 コウベリーズのライブをよく見ていたという同店代表の鈴江幸子さん(48)が11月、活動を応援したいと新メニューの開発を呼び掛けた。約1カ月間、メンバーのアイデアを取り入れながら鈴江さんが試作を繰り返し、完成した。

 「KoBe(コウベ)カラフルーツパフェ」(税込み1500円)は、卵白と粉砂糖で作った錨(いかり)マークなどで飾り付けた。3種類のベリーと甘さ控えめのカスタードクリームが楽しめる「VeryBerry(ベリーベリー)クロワッサンド」(同千円)や、神戸ポートタワーの赤と海の青さをそれぞれ表現したソーダ(2種類・各同900円)も神戸らしさあふれるスイーツに仕上がった。

 「お客さんを笑顔にするという思いは彼女たちも私も同じ。新メニューでもっと笑顔が増えてくれればうれしい」と鈴江さん。自分たちが歌う曲の歌詞にちなんだネーミングに苦労したコウベリーズの岡野春香さん(21)は「男性ファンだけでなく、若い女性にも楽しんでもらえるメニュー。スイーツを食べて私たちのことや神戸を知るきっかけにしてほしい」と話す。
 同店の営業は午前8時〜午後7時。年中無休。同店TEL078・611・6868

(2017年12月16日 神戸新聞掲載)

戻る