shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
どら焼きの「関ケ原」好評 姫路・甘音屋

どら焼き「関ケ原」を売り出した甘音屋の森雅史社長=姫路市白銀町

 和菓子店「甘音(あまね)屋」(姫路市蒲田)が昨年5月に売り出したどら焼き「関ケ原」が好評だ。歴史好きの社長森雅史さん(46)が、姫路ゆかりの大名池田輝政が関ケ原の戦いの前哨戦である岐阜城攻めで勝利したことにちなんで命名。卵と蜂蜜は岐阜や姫路産にこだわった。姫路駅北店(同市白銀町)で販売している。

 創業は2009年。百貨店でバイヤーを務めた森さんが「他にはない和菓子を」と新商品作りに打ち込んできた。

 2015年夏、姫路城や書写山円教寺などであった映画ロケに炊き出しで参加。「姫路と関ケ原の戦いにつながりはないか」と思い巡らせたところ、池田輝政の岐阜城攻めに想を得た。翌16年に商品化した。

 姫路市、岐阜市、岐阜県垂井町の3市町産の卵と、岐阜市産の蜂蜜を使用。一口食べると香ばしい風味が広がり、リピーターも多いという。森さんは「今後も姫路の歴史を深掘りし、観光客らが楽しめる商品をそろえたい」と話している。

 1個216円(税込み)。甘音屋姫路駅北店TEL079・284・0130

(2017年11月10日 神戸新聞掲載)

戻る