shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
城崎温泉に「新名物」 コウノトリ米サブレ開発

但馬地域のブランド米などが使われている城崎温泉ライスサブレ=兵庫県庁

 兵庫県は、障害者福祉事業所で製造する「城崎温泉ライスサブレ〜コウノトリ米サブレ〜」を販売している。但馬地域のブランド米「コウノトリ育むお米」や、竹野浜(豊岡市)の海水で作った「誕生の塩」を使用。米粉ならではのもちもちとした食感を、甘みのある塩が引き立てている。城崎温泉内の土産物店などで販売している。

 県が障害者の賃金向上を目指して企画する「兵庫ブランド商品」。6月に発売した「有馬温泉炭酸煎餅サブレ」に続き、洋菓子店「ボックサン」(神戸市須磨区)オーナーの福原敏晃さんの協力を受けた。

 いずれも障害者福祉事業所の「すいーつ」(豊岡市)、「第2和生園」(朝来市)で作る。
 1缶にプレーンと抹茶の各2枚入り(500円)。障害者授産商品のインターネットサイト「+NUKUMORI(プラスぬくもり)」で通信販売もしている。NPO法人兵庫セルプセンターTEL078・414・7311

(2017年10月31日 神戸新聞掲載)

戻る