shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
三田産の栗使いケーキ 神戸に本店の洋菓子店が販売

三田市の果樹園「湖梅園」の栗を使ったモンブラン=神戸市西区上新地1

 神戸市西区に本店のある洋菓子店「モンブランKOBE」が15日から、三田市の果樹園「湖梅園(こばいえん)」で収穫された栗のケーキ「モンブラン」を販売する。従来使っていた県外産の栗より甘みが豊かで、店の「看板商品」としてアピールしていくという。

 同店は1963(昭和38)年、加古川市で創業。兵庫県と青森県に15店あり、モンブランをはじめ、チーズケーキやフルーツタルトなど数十種類を販売する。

 同園で栽培する栗のうち、銀寄(ぎんよせ)と人丸(ひとまる)、丹沢(たんざわ)、筑波という種類を使用。ペースト状の栗に生クリームを混ぜ合わせ、従来よりも栗本来の甘みとうま味が引き立ったという。「湖梅園の栗を使うことで、モンブランのおいしさがより引き立った。三田の栗の味と香りを楽しんでほしい」と代表取締役の松田安正さん(52)。

 1個470円。15日から全店で同時発売。注文が5個以上から予約を受け付ける。

 モンブランKOBETEL0120・175519

(2017年9月12日 神戸新聞掲載)

戻る