shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
焼き菓子で柔道をPR 春日野道商店街で販売

柔道家池田篤志さん(左)が考えた柔道着形の焼き菓子「柔焼」=神戸市中央区吾妻通1

 柔道着をかたどった焼き菓子、その名も「柔焼(やわらやき)」が7月中旬から、中央区吾妻通の春日野道商店街の南側で販売されている。神戸の柔道家池田篤志さん(48)=神戸市灘区=が考案し、自ら焼き上げる。かわいらしい見た目と、黒ごまやきなこなど4種類の味が、じわじわと評判を呼んでいる。

 柔道の創始者嘉納治五郎は神戸市出身で、神戸と柔道のつながりは深い。しかし、その事実は柔道をたしなむ人にも知られていないと感じたという池田さん。「同じく神戸で柔道家として活動する自分がなんとかして広めたい」と数年前から計画を練ってきた。

 柔道を形からPRしようと思いついたのが「柔焼」。焼き菓子なら老若男女を問わず親しんでもらえると考えた。柔道着形に焼き上げ「柔」の文字を刻んだ。

 「柔道と神戸の縁を広めて、神戸のお土産として買って帰ってもらえるようになれば」と笑う。

 柔焼の中のあんは、黒(黒ごま)、白(きなこ)=いずれも100円、アップルシナモン、マロン=いずれも150円―の4種類がある。

(2017年08月01日 神戸新聞掲載)

戻る