shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
商売繁盛の願いを込めて えびすフィナンシェいかが 洋菓子のシュゼット

商売繁盛を願って、開発された新商品「えびすフィナンシェ」=西宮市久保町

 洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」などを展開するシュゼット(西宮市)は19日から、商売繁盛の神様、えびすさまをパッケージに描いた新商品「えびすフィナンシェ」を販売する。7日には西宮神社(同市社家町)に奉納し、社員らがヒットを祈願した。

 「アンリ―」の看板商品フィナンシェはもともとビジネスマンの手土産として人気が高かったが、同社はさらにビジネス向けに特化した商品を作ろうと開発に着手。祝い事などでも使用される高級品の大納言小豆をふんだんに混ぜ込み、しっとりとしたフィナンシェの生地に、深い甘みと柔らかな歯ごたえを加えた。

 「えびす」の名は、買った人も贈られた人も商売繁盛になるように、との願いを込めて命名。「えべっさん」の総本社で地元の西宮神社からも了承を得た。

 19日からJR新大阪駅の構内で販売を始め、今後、関西の主要駅や空港などにも販路を拡大していく予定。担当者は「いつものフィナンシェよりも少しグレードの高いお菓子。えびすさまの由来など、ビジネスシーンでの話題づくりにもなるはず」とアピールしている。6個入り1296円。10個2160円。

 また、奉納された同神社では7月から、毎月1日の上旬祭(午前10時開始)で、先着100人の参拝者にこの「えびすフィナンシェ」を無料配布していくという。

(2017年06月08日 神戸新聞掲載)

戻る