shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
姫路城眺めながら菓子 三の丸 抹茶も振る舞われる

城を見ながら菓子と抹茶を楽しむ観光客ら=姫路市本町

 世界文化遺産・国宝姫路城を眺めながら、菓子を楽しむイベント「城菓町・ひめじ おもてなし」が15日、三の丸広場(姫路市本町)で始まった。市内の和洋菓子店8店が菓子約2千個と抹茶を無料で振る舞い、観光客らは笑顔で受け取っていた。
 市内の菓子店でつくる姫路菓子組合が、観光客のもてなしを目的に企画。昨年はJR姫路駅前で行ったが、より多くの人に味わってもらおうと城のお膝元で実施した。
 同組合のメンバーらはピンクのはっぴ姿で、城を訪れた人々に引き替え券を配布。大天守を模した最中などもあり、「どこで買えるのか」と問い合わせる観光客の姿もあった。
 外国人観光客も多く訪れ、白亜の城を眺めながら菓子を堪能。夫婦で訪れたスペイン人のマルコス・ピンナッソさん(40)は「あんこが気に入った」と喜んでいた。
 同組合の井上賢理事長は「新たな試みを通じ、姫路の菓子文化の底上げにつなげたい」と話した。

(2017年03月16日 神戸新聞掲載)

戻る