shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
辛さ+甘み 朝倉山椒で生チョコ 八鹿の製菓会社が発売

養父市の朝倉サンショウを使ったチョコレート=谷常製菓

 養父市八鹿町八鹿の製菓会社「谷常製菓」が神戸ハーバーランドの「神戸百貨店」で、養父市の特産品を生かした「朝倉山椒(さんしょう)生チョコレート」の販売を始めた。ぴりりとした辛味とチョコの甘みが互いを引き立て合うという。

 同百貨店は6月下旬に朝倉サンショウを扱ったフェアをスタート。開催に協力する養父市商工会を通じて、同社にサンショウのスイーツ開発を要望した。

 サンショウは生クリームに香りを移すなどしてチョコの風味付けに用いた。味は3種類。香美町の酒造会社「香住鶴」の純米吟醸酒や、養父市のみそ製造販売会社「こがね味噌(みそ)」の白みそといった、但馬の食材を組み合わせた。谷常製菓は「味の余韻を楽しんで」とアピールする。

 9個入り1200円(税抜き)。8月上旬から同社の本店でも販売する。

同社TEL079・662・2261

 神戸のフェアは8月31日まで。チョコのほか、朝倉サンショウのペーストやつくだ煮などが並ぶ。

(2016年7月27日 神戸新聞掲載)

戻る