shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
洋菓子のモロゾフ 専門ブランド続々

近鉄百貨店本店内に開業したチョコレート菓子の専門店「ファヤージュショコラ」=大阪市阿倍野区

 洋菓子のモロゾフ(神戸市東灘区)が、単一商品を扱う専門ブランドを続々と打ち出している。大阪市の「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店でチョコレート店、大阪府吹田市のららぽーとエキスポシティでチーズケーキ店を開店した。話題性や限定性をアピールするブランド戦略を新たに打ち立て新規顧客の獲得を狙う。

 11月に近鉄百貨店でオープンしたのは、チョコレートを挟んだ焼き菓子「ファヤージュ」を砕いて、イチゴや抹茶味のチョコで固めた新商品「ファヤージュショコラ」の専門店。光沢のある赤や緑の柱状の箱に詰め、ワインセラーのように陳列するなどデザイン性を強調した。5個入り378円(税込み)から販売し、女性を主要顧客層に年間売上高1億円を目指す。

 一方、ららぽーとには、直径約7センチの食べきりサイズのチーズケーキを販売する「窯出しチーズケーキ」を出店。店舗にオーブンを構え、焼きたてを提供する。値段も1個216円(同)と抑え、親子連れを中心にPRする。同社の看板商品のチーズケーキを手軽に食べてもらい、ファンを増やす考えだ。

 デパ地下を中心に出店するブランド「モロゾフ」は、クッキーやケーキなど洋菓子を総合的に扱い、店舗数は現在千店以上に広がった。ブランド名が浸透する一方、希少価値が薄まっているのが課題となっている。

 担当者は「専門ブランドは好みが多様化する消費者の目を引きやすい。新たな魅力を発信し、モロゾフブランド全体のイメージ向上につなげたい」と話している。

(2015年12月11日 神戸新聞掲載)

戻る