shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
工芸菓子「姫路城白鷺の夢」 市文化センターに移転

姫路市文化センターに移転した工芸菓子「姫路城 白鷺の夢」=同市西延末

  2008年の「姫路菓子博」で制作・披露された後、イーグレひめじ(姫路市本町)で展示されていた工芸菓子「姫路城 白鷺(しらさぎ)の夢」が、4月から姫路市文化センター(同市西延末)に場所を移して公開されている。
 姫路城の大天守、小天守などを50分の1サイズで再現。県内の和菓子・洋菓子職人らが宮大工の監修のもと、グラニュー糖やゼラチン、マジパンなど約1600キロを使い、1年かけて瓦や石垣などを精巧に作り上げた。
 城の「平成の大修理」中はイーグレひめじで観光客の目を楽しませたが、修理完了に伴い同センターのエントランスに移転。以前よりショーケースが小さくなり、市産業振興課は「より間近で菓子職人の技を見てほしい」と話している。
 同センターは、催し物がない日は正面玄関を閉鎖している。

(2015年4月20日 神戸新聞掲載)

戻る