shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
かばんと出石焼 豊岡特産でお菓子包む
贈答用においしい組み合わせ

豊岡産かばんに多彩な洋菓子を詰め合わせた「ショコラトランク」

透き通った色の白磁にチョコレートが映える「しろのかショコラ」=カタシマ本店

 豊岡市特産のかばん、出石焼を入れ物として使った高級スイーツが、同市内の菓子店に登場した。詰められているのは、サンショウやショウガ、地酒など但馬地域のブランド食材を素材にしたショコラや焼き菓子。主に贈答品用として販売され、但馬の魅力発信が期待されている。

 養父市に本店がある洋菓子製造販売「カタシマ」が開発した。5年ほど前から、どぶろくジェラートや黒豆ショコラなど但馬、丹波ならではのスイーツを手がけてきたが、食品以外の産品と組み合わせるのは初めて。
 豊岡産かばんは、スーツケースなどを扱う「ホクタン」(豊岡市)のミニトランクを利用。商品名は「ショコラトランク」(税込み8640円)で、環境に配慮して育てられた豊岡の「こうのとり生姜」や養父市の「朝倉さんしょ」で甘さに変化を付けたショコラなど9種類の菓子が入っている。
 出石焼は豊岡市出石町の窯元「永澤兄弟製陶所」が手がけた白磁を器にした。地酒「竹泉」を使ったゼリー状の砂糖菓子をチョコレートで覆った菓子を詰め、「しろのかショコラ」(税込み6480円)と名付けた。
 いずれも新商品で、かばん、出石焼ともオリジナル品。カタシマの広氏良致社長は「お菓子屋としてできることで地元の良さをPRしていきたい」と話している。豊岡市若松町のカタシマ豊岡店に新設し、地元素材を使ったスイーツばかりを集めたコーナー「ロカヴォール」で限定販売している。同店TEL0796・24・0618

(2015年3月30日 神戸新聞掲載)

戻る