shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
イチゴで赤鬼、キウイで青鬼を表現 洋菓子店が「恵方巻き」

ココアのクレープで巻いた恵方巻きさながらのロールケーキ

  節分の日の2月3日、洋菓子店「モンブランKOBE」加古川店などに、巻きずしさながらの「恵方巻きロール」が登場した。県内外にある12店舗で計約300本を用意し、1、2日を含む3日間の限定販売を好評のうちに終えた。

 外側はココアのクレープをノリに見立て、内側はイチゴで赤鬼を、キウイで青鬼を表現。ロール生地には米粉を使い、巻きずしらしくもっちりと仕上げたという。
 モンブランは1963年、加古川市加古川町寺家町に1号店の加古川店を構えたのが始まり。現在は神戸市西区に本社を置いている。14日のバレンタインデーまでの閑散期に少しでも集客しようと、初めて恵方巻きロールを各店頭に並べた。
 3日午後、加古川店で購入した加古川市野口町の金澤純一(すみかず)さん(62)、恵さん(61)夫妻は「巻きずしは買ってあるけど、これも食後のデザートに」と笑顔で話した。
 

(2015年2月4日 神戸新聞掲載)

戻る