shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
多彩 伊丹でチョコの競演 スイーツ81種3000個を240人満喫

色とりどりのチョコレートデザートを選ぶ参加者=伊丹市中央6

  伊丹市内の和洋菓子店が、自慢のチョコレートデザートをビュッフェ方式でふるまう「伊丹ちょこリンピック2015」が1月20日、伊丹シティホテル(中央6)で開かれた。事前の応募で当選した240人が、スイーツの競演を満喫した。
 同市がチョコレートで有名なベルギー・ハッセルト市と姉妹都市であることから、市のPRや商業活性化につなげようと始まり、9回目。今回は募集の120組(2人一組)に対し、4倍近い約470組の応募があった。
 会場にはミルフィーユや練り切りなど、チョコレートを生かした81種類約3千個が並び、参加者は目移りしながら、好みのスイーツを頬張っていた。
 初めて訪れた、市内のパート宮本雅子さん(43)は「尼崎の洋菓子店でパティシエとして働いているので、他店の味が気になって応募した」と話していた。
 

(2015年1月21日 神戸新聞掲載)

戻る