shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
豆腐主原料のケーキ 卵、小麦粉は不使用 国産大豆のうまみ凝縮 赤穂の洋菓子店が開発

新開発のケーキ「ぷくぷく豆富」を手にする渡部桂輔さん=赤穂市御崎

 赤穂市御崎の洋菓子店「天と海と菓子と SANPOU(サンポウ)」が、赤穂市の企業の絹ごし豆腐を使ったケーキ「ぷくぷく豆富」を開発し、評判を呼んでいる。卵と小麦粉は使わず、もっちりしっとりの食感、チーズを思わせるさわやかな甘みが特長だ。

 開発したのは、同店店主のパティシエ渡部桂輔さん(39)。アレルギー症状を気にする客から「卵を使っていないケーキはありませんか」と要望があり、「何とか応えたい」と約1年前から材料、配合などで試行錯誤を重ねた。

 生地は、国産大豆のうまみが凝縮された豆腐を主原料に、3種類の食材を加えて焼き上げ「ぷくぷく」とふくらませた。添加物は不使用。「チーズのフロマージュブランのような風味」という豆腐と乳製品のクリームを包み込む。

 2日間で500個が売れるなど好評で、渡部さんは「難しい開発だったが、画期的な製法が生み出せた。これまでケーキを食べられなかった人も親しんでほしい」と話す。

 1個150円、贈答用の箱入り10個で1600円。土曜〜火曜日限定で販売する。水曜定休(祝日なら翌日休み)。

<お問い合わせ>
天と海と菓子と SANPOU
TEL:0791-42-5155


(2014年7月5日神戸新聞掲載)

戻る