shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
神戸・御影のスタイルキッチン 豊岡産ショウガ隠し味 瓶入り生チョコ販売

豊岡産ショウガを使用した生チョコレートを手にする木下緑さん=神戸市東灘区御影中町8、スタイルキッチン

 チョコレートと豊岡市産のショウガを組み合わせたスイーツを、ジャム製造・販売の「スタイルキッチン」(神戸市東灘区)が販売している。ショウガのジャムを練り込んだペースト状の生チョコレートで、スパイシーでさわやかな味が特徴。香料や保存料を加えていない点も女性に受けている。

 ブラックチョコレートを使用した「ブラックジンジャー」と、ホワイトチョコレートにレモンの酸味を加えた「ホワイトジンジャー」の2種。瓶入りで、そのまま食べても、アイスクリームなどに混ぜても楽しめる。

 スタイルキッチンは今年3月にオープン。地産地消を目指し、代表の木下緑さん(39)が手作りしている。今回はショウガに加え、淡路島産のレモンや県内産の牛乳を使用している。

 海外ではドライジンジャーにチョコレートをコーティングした菓子があるが、日本では珍しい組み合わせ。5月末に販売を始めたところ、若い女性や小さい子どもを持つ母親が購入するケースが目立つという。

 インターネット販売が中心で、店舗営業は日曜のみ(正午〜午後4時半)。70ミリリットル入り648円、140ミリリットル入り1296円。


(2014年7月5日神戸新聞掲載)

戻る